リバースエース工法/工法概要

特徴

リバースエースは、エースモールで培った技術とノウハウを改築推進に適用しました。

  • 1多様な既設管を破砕

    鉄筋コンクリート管(鋼製・SUSカラー)から塩化ビニル管まで、多様な既設管を破砕します

  • 2曲線推進が可能

    先導体の方向修正機構と高精度な位置計測システムで、改築推進でも曲線推進が可能です

  • 3自由な掘削断面

    既設管に最適なカッタヘッドを選択し、線形にとらわれずに敷設替えが可能です

特徴の図
改築推進は老朽化や機能不全の管渠を破砕・除去し、新設管を推進工法で敷設替えし再生します
改築推進

鉄筋コンクリート管(鋼製・SUSカラー)から塩化ビニル管まで、多様な既設管を破砕します

例1:地盤の沈下等により大きな中だるみが発生した場合の勾配修正 特徴の図
例2:ルートの再構築計画等により逆勾配となる場合 特徴の図
例3:地域環境の変化・ルート見直しに伴う占用位置変更 特徴の図
管内・管周辺調査

施工前に取付管などの状況や周辺にある埋設管・空間等を調査します。

水替工

バイパスルートを確保して、施工期間中の下水の供用を可能にします。

特徴の図
このページのトップへ