トップ > エースモール工法 > 位置計測システム

エースモール工法/位置計測システム

prism

Prism(プリズム)はレーザ光を屈曲させて高精度な位置計測を行う、エースモール独自の技術です。

  • 1周辺環境に影響を受けない

    高深度での施工、また鉄道の軌道下越しや河川横断など、厳しい施工条件でも高精度な位置計測が可能です。

  • 2安全作業が可能

    路上での位置計測作業が不要なため、交通量の多い交差点などでも安全な作業が可能です。

  • 3連続検知

    オペレーターの遠隔操作により、自動で連続計測を行うことが可能です。さらにNTTグループのFOMA網・フレッツ網を利用し、現場から離れた支援センターからの遠隔操作も可能です。

電磁波・液圧差法

従来の「レーザ・ターゲット法」に、エースモール工法独自の「電磁法・液圧差法」を組み合わせ、長距離・曲線などの施工条件でも高精度な位置計測が可能です。

電磁法:水平位置計測
高深度での施工、また鉄道の軌道下越しや河川横断など、厳しい施工条件でも高精度な位置計測が可能です。
液圧差法:垂直位置計測
先導体の圧力センサと、発進立坑内の基準液圧測定装置の圧力差を測定します。
項目 適用条件
機種 DL35-N,C DL50-N,C DL70-N,C
管呼び径 HP:250〜350 HP:400〜500 HP:600〜700
土被り 6m以下 8m以下 7m以下
このページのトップへ