エースモール工法/工法概要

ラインナップ

  • DL35-C
    DL35-C
    管種・管径 Φ250〜350mmHP
  • DL50-C
    DL50-C
    管種・管径 Φ400〜500mmHP
  • DL70-C
    DL70-C
    管種・管径 Φ600〜700mmHP

詳しくはエースモール適用機種及び適用管種をご覧ください

特徴

  • 1長距離

    独自の掘削・排土機構により、軟弱土から岩盤までの広範囲な土質で長距離推進を実現

  • 2曲線

    先導体の方向修正機構と高精度な位置計測システムで、曲線推進が可能

  • 3小型立坑に対応

    先導体の分割機能により、φ2.0m・φ2.5mの小型円形立坑から発進・到達が可能

標準管で施工する場合は、エースモールDL-N(標準タイプ)で対応します

標準タイプは、エースモール工法の特徴である長距離・曲線施工を可能にした工法です。

管種・管径 φ250〜350mmHP
φ350〜450mmSP
φ400〜500mmHP
φ500〜600mmSP
φ600〜700mmHP
φ750〜850mmSP
機種 DL35-N DL50-N DL70-N
このページのトップへ